プロスポーツの選手が、よくこんなことを口にします。「勝つだけじゃなく、いいゲームをして勝ちたい」。プロの言葉ですね。勝つだけでなく、ゲーム内容でもお客様に楽しんでいただく。それが「真の目的」であることをプロとして理解しているのです。
 

 

私たちも同じ。資産運用の成功は大前提ですが、成功への目標設定や手法は、お客様のニーズやご事情、人生設計などによって様々。数字だけを追っていてはプロとしての「真の目的」は、達成できません。すなわち、お客様にとって豊かな人生とは何か。将来の安心とは何か。先々までご家族が安心して暮らせ、幸を育むことができる、そのライフプランとは何かを共に考え、税務・法務も視野に入れ、最適な資産運用を創造することなのです。
 

 

私たちファーストアセットマネジメントは、それをお客様から学んだように思います。 不動産による資産運用に関わるなかでコミュニケーションを深め、お客様の本音を、夢を、人生を聞かせていただき、資産運用の本質を改めて再認識できたのです。そして、不動産に限らずお客様のファイナンシャルプランを 総合的にコンサルするノウハウを積み重ねることができました。 また、私たちは不動産運用という「実践」を起点にしていましたから、コンサルで終わることなく運用の最後まで責任をもって歩む スタンスを確立することもできました。

 

 

私たちはこれからも、資産運用の成果とお客様・ご家族の人生、 両方を着実に見据えていきたい。コンサルティングと実践。その一方であっても、両方であっても、ご要望に応じて心強く機能したい。 そして、ありきたりな言い方ですが、最後にはお客様と笑顔で向かい合い、 永く、末永くお付き合いしたいのです。