最初のご相談は無料。お気軽にお問い合わせください。

ご希望を伺ったり、一般的なファイナンシャルプランの考え方を述べさせていただくコンサルティングは無料で行っております。お気軽にお問い合わせください。

安心で豊かな生涯をデザインすること。

一般に「生涯設計」と言われます。お客様の将来に向けたご希望や、現在・将来の不安点などをお聞きし、ご希望の実現や不安の解消を目指した「生涯設計」を作る。それを一般にファイナンシャルプランニングと言います。
ただし、単に夢を描くことはプランニングではありません。お客様のご家族構成や収入・資産・負債・ご加入の保険など現状を正確に把握し、将来の収入・支出を見込み、さらに教育や住まいづくり、ご結婚、セカンドライフなど出費を要するイベントを予測。そうしたなかで、ご希望が無理なく叶えられるのか、不安点は解消できるかを分析・判断し、無駄を見直すなど最善策を話し合って「生涯をデザイン」していきます。

プランニングのテーマは様々。

上記は総合的な一般論ですが、実際にはお客様によってプランニング目的は様々。
「子どもの教育とマイホームづくり主眼を置いて」
「老後にゆとりをもって暮らしたい」
「相続対策をしながらプランニングしたい」
「資産を活かしながら、将来設計したい」
微妙な違いも含まれば、お客様の数だけご相談内容も様々です。

プライバシーも継続性もあるものだから、信頼が大切。

収入や負債など個人の情報をお話いただくわけですから、信頼関係は絶対に大切です。
また、プランニングをしてサービス終了というケースもありますが、私たちはご要望によってプランニングに基づく生命保険や金融商品選び、資産運用など実践面も責任をもって行います。必要に応じて税理士さんや弁護士さん、金融機関など専門スタッフをご紹介することもできます。
さらに時代は目まぐるしく変わっていますから、なるべく年に1回はプランの見直しをしたいもの。そうして大げさに言えば生涯を一緒に歩くパートナーですから、信頼を築ける関係が成功の第一歩です。

なぜ、ファイナンシャルプランが必要?

最近、急にファイナンシャルプランという言葉をよく聞くようになりました。従来は、不動産のことは不動産業者、生命保険は生命保険会社、住宅ローンは金融機関というように、相談窓口が別々。トータルで生涯設計をすることができませんでした。
でも、アメリカなどでファイナンシャルプランの概念が一般化する一方、日本でも終身雇用が崩れ、預貯金は超低金利、年金への不安も高まるといった社会変化を背景に、将来をしっかり考える気運が高まっていきました。それらがファイナンシャルプラン一般化の背景と言えましょう。